2008年06月20日

失敗してもくじけない!

更新が滞っていても コメント欄にぼちぼちコメントしてくださって
情報などをいただけてお話ができているので それが心地よくて
横着してまた更新をさぼっておりました(笑)
前回の捏ね方で「簡単に美味しいパンが焼けました!」とのうれしいお知らせも
いくつかいただきました(^-^)
ありがとうございましたm(__)m

さて今回は 失敗パンを載せて 皆さんの反面教師になりますっ!(笑)

今パン種をカケツギしている酵母は

よもぎ酵母と 沖縄の石垣パイン酵母です。



よもぎ酵母はゴールデンウイークに出かけた県北で
鮮やかな緑色で群生していたもの(^-^)
街中にあるそれとはかなり違う「勢い」を感じたので摘んできました。

0506yomogi2.jpg 0509yomogikoubo.jpg



石垣パイン酵母は 沖縄に旅行された人がおみやげに送ってくださったもの。
南国のあま〜い果物はきっと「酵母向き」にちがいない!と
即入水!(笑)

0508pine.jpg 0510pinekoubo2.jpg

どちらも 泡立ちも良く匂いも良く 期待大!でした。

ところが パンを捏ねてみると。。
いつもの6時間を過ぎても一次発酵が上がってこない。
なんとか二倍になるまで待ってみましたが(10時間くらい)
生地もだら〜〜んとした感じで扱いにくい。。

くっつかないように型に粉をたくさん振って予防して成型発酵させ
ひたすら祈りました(笑)

でも。。。ひっくり返してみると。。

0516kan1.jpg

無惨に型にへばりついて一部が残ってしまいました(><)
もちろん剥がれた表面はボコボコ
でももったいないからそのまま焼きました。

0516kan2.jpg
焼き色は虚しくこんがり。。。。(笑)
空気が抜けちゃった分 やっぱり全然膨らみません。。

0516kan3.jpg

高さ約5cm(笑)
いっぱい入れたチョリソ〜がかわいそうです(><)


剥がれちまった皮の一部ももったいないので(もったいなくない?(笑))
型から剥がして(こういう時には簡単に剥がれるのはなぜ?)
オーブントースターで「ナン」みたいに焼いてみました。
なんとか食べれるものになりましたが 食べる気はしませんでした(笑)

0516kan4.jpg
こんなものは二度と見れませんように。。と記念撮影!(笑)

あ〜あ ショック〜。
酵母が最初は元気そうに見えたのに パン種にすると
泡のぶくぶくが少なくドロッとした感じで元気なさげです。
梅雨時になると毎年こうなんですよね。。
温度は良くてもいろんな雑菌が繁殖しやすい湿度も原因なのかもしれませんね。
皆さんの酵母の管理はいかがですか?


こんな時は 捨ててしまわずに 
パン種に少し蜂蜜を足して少しだけ粉と水を足して様子を見ています。
パンを焼く度に繰り返していると
嘘のようにぶくぶく元気になってくれることがあるからです(^-^)
元気がないとパン焼きから遠ざかってしまいがちですが
マメにガス抜きをしてあげて 使うことによって空気を新しく
入れ替えてあげることも大事なのかもしれませんね。

今回も3回くらい シャレにならないようなペチャンコパンを焼き上げました。
写真を撮る気にもなれませんでした(笑)
でも4回目には「おっ 膨らんだやん!」と主人が評価してくれました(^^;

0611kan.jpg
変わり映えしないいつもの。。ですけどね。。
これさえ焼けなかったのですから。。(^^;

0613raisn1.jpg 0613raisn2.jpg
副材料を入れても大丈夫になりました!レーズンと十六穀入りです(^-^)

0603bagel3.jpg
久しぶりにベーグルちゃんも焼いて積み上げてみました(笑)

パンが膨らむと機嫌もよくなる私(^-^)(笑)

やっと酵母が元気を取り戻してくれたので
前から買っておいた『スペルト小麦』で今日は仕込んでみました。
値段が高いので失敗したくない。。(笑)
どうぞ膨らみますように。。(^^;

posted by chi-ko at 13:40| 広島 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 失敗です(^^; | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

簡単に捏ねて自家製酵母パンを焼きましょう!

前回の記事で私のパンを焼く日の時間の流れをご紹介し
次は捏ね方を!!と書いてから一ヶ月経ってしまいました(^^;
勢いで書こう!と思っていたんですが
「写真があったほうがいいかなあ。。」とかいろいろ迷っているうちに
今日になってしまいました。。。 
(結局写真も少ししか撮れてないんですけどね..(^^;
以上 言い訳終わりっ!(笑)


力まないで毎日楽しくパンが焼けるといいですよね。
今からご紹介する捏ね方は 以前一生懸命捏ねていて
これだと長続きしそうにないなあ。。と弱音を吐きそうになっていたころ
酵母のパンを焼いていらっしゃる大先輩から要領を教えていただいて
まさに「目からウロコ」(@_@)
そんなに簡単でいいの??って感じで始めてみたら
今までのコネコネのしんどさはなんだったんだろう。。って
ほんとに簡単でフワフワモチモチのパンが焼けて感動したんです。
それ以降 私はこの方法で特に道具を使わずに手で捏ねています。

でもこの方法の一番の条件は
「元気な酵母」を育てること。やっぱり酵母が元気じゃないと
発酵時間がかかりすぎたりして 失敗するケースが多いです。
今回はその失敗作も惜しみなく披露させていただきます(笑)
(いつものことってか?(笑))

この方法で 初めての方でも気軽にパンを焼くきっかけにして
いただけるといいなと思い公開させていただくことにしました。
もちろん パンコネ器などを使ってもっと簡単に焼いている方も
いらっしゃると思いますが
あくまでも原始的に(笑)りっぱな道具を使わずに焼く素朴な方法。。ってことで(笑)

前回の配合のパンで順を追って書いてみますね(^-^)

強力粉(1CW)      320g
全粒粉(粗挽き)      30g
元種(いちご酵母)    130g
水            238g(68%)
塩              7g
オリーブオイル        9g

*水分量は生地の65%〜72%くらいまで
 様子を見ながらにしてくださいね
 上のパンは68%にしています。
 私はこれくらいが扱いやすいです。

↑このレシピのパンです。

★酵母元種は 
 酵母エキスに強力粉を同じ割合で混ぜて培養し
 2倍程まで増えたところでまた粉と同量の水を入れて
 3回同じことを繰り返したものを使っています。
 (私はこの種をかけ継ぎして使っています)


<用意する道具>

◆大きめのボウル......私は直径26cmの深型を使っています。
◇一回り小さめのボウル...パン専用にひとつ買いました。
◆しゃもじ...最初に生地を混ぜるため
◇キッチンスケール....1g単位で計れるもの
◆パンマット...キャンバス地で大きめのものがあると便利。
       大きめのまな板やフィルムのまな板でも大丈夫(^-^)
◇シャワーキャップ...発酵用に (旅行に行ったら積極的に集めてきます(笑))
◆滑り止めシート...捏ねる時にボウルの下にしくのにあれば便利ですよ。

あとは焼き型 必要に応じてスケッパーなどです。
あっ!オーブンもね(笑)


道具はこれだけで大丈夫です。おウチにあるものでいいし
専用のを揃えてもいいですね(^-^)


<材料を計量して生地を捏ねる>

1。大きめのボウルをキッチンスケールの上に乗せて
  強力粉と全粒粉と元種を入れながら計っていきます。
  
2。水の分量を計り一気に1。に入れて
  しゃもじでボウルの中でぐるぐる一定方向に混ぜていきます。

3。ひとまとまりになってきたら 今度は手でボウルの中で混ぜます。
  この時には手にべたべたつく感じがするくらいがグ〜〜!です(笑)

      0429kone1.jpg

4。材料がまんべんなく混ざったら(2、3分かな)手にくっついた粉も
  もったいないのでしっかりとってひとまとめにして
  シャワーキャップをして10分ほど休ませます。
  ★この10分が大事なんですよね(^-^)

私はこの間にパン種に粉とエキスを混ぜて次のカケ継ぎをしたり
副材料の準備をしたりしています。

5。10分ほど経ったら 分量の塩を計っていれます。

6。10分ほど休ませることと 塩を入れたおかげで 生地が締まって
  手につかずに捏ねやすくなります。
  こねやすくなるくらいの水分量がグ〜〜!ということになります。

  ★この「塩を混ぜた時の生地が締まる感じを味わう」とヤメられません〜!!(笑)

7。塩がまんべんなく馴染んだら 油脂(ここではオリーブオイル)を
  入れて混ぜます。
  最初は生地をくちゃくちゃ握るように混ぜると混ざりやすいですよ(^-^)

  ★最初から最後までボウルの中で混ぜます。捏ね板などは使いません。

ーナッツやレーズンなど副材料を入れる時はこのタイミングで混ぜますー

8。オイルが馴染んで生地が滑らかになったら(これも2、3分かな)
  生地の表面を伸ばすように丸くまとめて
  油を塗ったもう一つの小さめのボウルに入れます。

     0429kone2.jpg
     あっ(^^;あんまりなめらかにまとまっていませんね(^^;
     でも大丈夫!(笑)←良い子はマネしないでね(笑)


9。最初に捏ねた大きめのボウルを洗い 
  お湯を張って(30〜40度 季節によって調整してください)
  (パン生地も気持ちいいだろうなあという位の温度でね(^-^))
  シャワーキャップをかぶせて暖かい場所で発酵させてください。
  冬場の寒い時はホットカーペットの上や 
  上に暖かい布をかぶせたりしています。

     0522hakkou.jpg

これで捏ね終わり!あとは時間がゆっくり粉のグルテンを作ってくれます。
しっかり捏ねなくても大丈夫!!これが感動でしょ(^-^)

★☆★ つまり イーストの場合のように 20分くらい捏ねて
    生地を伸ばしてみてグルテン膜が出来て指が透けて見えるまで。。
    というのが必要ないんですね。
    「ゆっくり時間がグルテン膜を作ってくれる」
    この言葉が私の強い味方!となったのです(^-^)


元気な酵母なら今の季節だと5〜6時間で生地が二倍〜3倍になります。
配合によっても違いますが オーブンに入れた時に伸びてくれるという
タイミングの発酵加減を 
やっぱり経験でタイミング〜〜!を覚えていってくださいね。(グ〜はもういいか(^^;)
やっぱりこれはレシピでは書けないことだと思います。
発酵を少なめにしたり多めにしたりしてみてください。


     hakkou2.jpg
     6時間後こんな感じになっていました。

このあとは分割してベンチタイムを20分ほど取り
成型して一時間ほど発酵させて オーブンで焼いていきます。
私の場合は250度に温めてから 230度で25分焼いていますが
これもオーブンのクセがありますから
工夫をしながら焼いてみてください。


どんな感じですか? お気楽に始めてもらえそうでしょうか..
抜けているところは無いかしら。。。(指摘してくださいね(^^;)
これは私のやり方なので ぜひこれを改良しながらやっていただければ
いいなと思います。
そして私にもその「改良版」をこっそり教えてくださいませ♪

あちゃ〜っ 今日も失敗パンを締めくくりに載せようと思っていたのに
長くなりそうです。。。
なので次回にします(きっと近いうちに!!(笑))
その時に今年の「よもぎ酵母や」「パイナップル酵母」の
お話もさせていただきたいと思っています。
それまで皆さん ウエイティング〜!
私はこれからちょっとお昼寝スリーピング〜♪(笑)
posted by chi-ko at 15:24| 広島 ☁| Comment(26) | TrackBack(0) | メモメモφ(.. ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

私のパンの基本的な配合と時間の流れ。

気温が高くなってきたので 発酵も早くなりましたね。
6時間以上家を開けられません(笑)
この季節 酵母との相性が悪いのか。。
ビミョ〜にセメダイン臭になりそうなギリギリのところで
種継ぎをしています。だめかな〜と思っても明くる日は
ぶくぶく元気だったりなので
ご機嫌を伺いながら焼いている今日この頃です。

いろんな酵母を起こしていらっしゃるご報告をいただくのでうらやましくて
私も負けずに(笑)酵母起こしをしようかと思っているのですが...
今のところ先日の「いちご酵母」一本でいっています。

そして焼くパンも なんとかの一つ覚えです。。。(^^;

0412kan.jpg

これが最近一番の「美味しかった君」です(笑)
香ばしいパリッとした皮ともちもちの中身で軽く焼き上がりました♪
このパンのレシピを紹介しますね。

強力粉(1CW)      320g
全粒粉(粗挽き)      30g
元種(いちご酵母)    130g
水            238g(68%)
塩              7g
オリーブオイル        9g

*水分量は生地の65%〜72%くらいまで
 様子を見ながらにしてくださいね
 上のパンは68%にしています。
 私はこれくらいが扱いやすいです。


私流の 超簡単なパンの捏ね方を少し紹介させていただきますね。
いつもこんな感じでパンを仕込んで焼いています。
気楽に焼けるパンですよ(^-^)


★まずはパンを焼く日の大体の時間の流れのタイムテーブルを書いておきますね★

題して 「chi-koがパンを焼く日」←そのまんまやんっ!


AM 9時頃    朝の片付けが終わったら 
        パンを捏ねる作業に取りかかります。
 

AM 9時半頃   完了! つまり計量から捏ね終わりまで30分!(笑)


    *** chi-koのフリータイム〜***
    (お出かけもよし 読書もよし お昼寝もよし(笑))


PM3時半〜4時半頃  今の季節なら 発酵が6〜7時間くらいなので
          午後3時半までは パンのことを忘れて出かけられます(^-^)
          30分くらいは待ってくれるからそれでも大丈夫っ!!(笑)


PM5時頃〜    生地を取り出してまとめて20〜30分ほどペンチタイム


PM5時半頃〜   成型して1時間〜1時間半ほど発酵させます。



PM6時頃    この辺でちょうど夕ご飯の支度と並行になって 
         どうせキッチンに立ってるから都合がいいんです(笑)
         オーブンを使うおかずの時には要注意ですけどね(笑)
         焼き時間とドッキングしないように注意しましょう。
         逆に パンを焼く日はオーブンを使うおかずはヤメましょう!(笑)


PM7時半〜8時頃     30分〜1時間の前後はありますが 
             大体我が家では夕ご飯の後に焼き上がります。
              翌日の朝食のパンになります♪
             焼きたてのいい香りに誘われて 
             お腹一杯でもついつい試食を。。(笑)
             スライスして ワインが一杯飲めますよ(笑)

夕ご飯にパンを!と思って間に合わせたかったら
朝一時間〜2時間早く取りかかればいいってことですね♪
 

 

大体こんな感じの一日の流れです。
あなたの一日でも無理なく出来そうな感じですか?
もっと合理的にパンを焼いていらっしゃる方のタイムテーブルも
ぜひお聞きしたいです!

なにはともあれ計量してから捏ね終わりが30分で済む!っていうことが
私がパン焼きをずっと続けている秘訣なのかもしれません。。(笑)

その捏ねる手順については次回に続きます。
興味を持ってくださった方は楽しみにしてくださいね(*^^*)


posted by chi-ko at 23:43| 広島 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | メモメモφ(.. ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

今年もいちごの酵母

去年は6月に名残りのいちご酵母を起こしました。
その記事はコチラ(いちご酵母の起こし方も簡単に紹介しています(^-^))

今年はちゃんとシーズンに(笑)いちご酵母のいい香りを楽しみました。

いちごは「章姫」という種類で大粒の苺。
10粒くらいを食べるのを我慢して(^^; 
いつものようにかぶるくらいの水につけ 小さじ1杯ほどのはちみつを
入れておきました。

0313イチゴ酵母
起こしたのは3月半ば。あたたかくなってきたころだったので
2日目にはツンとアルコールの香りに(^-^)
でも泡立ちはイマイチだったので5日間待ってみました。

0319ichigokoubo.jpg

すごく元気というわけではないけれど香りもお酒のような匂いが続いているし
そろそろパンにできるかなという感じでした。

ところが ちょうど娘の引っ越しと重なってしまい
ビンのまま冷蔵庫で一週間ほったらかし状態に。。。
気になっててもどうしようもなかったけど.. 放置!!(笑)

先週初めにやっと元種にしてみました。
なんとか大丈夫というところでした。

0324ichigokoubo.jpg

      0327ichigokoubo.jpg

やっぱりいちごの酵母はやさしい春の甘い香りです。
忙しい時期だったけど起こしてよかった〜(^-^)
ひさしぶりに焼いた山型食パンは
焼きムラのある(^^;いびつな感じに焼き上がりましたが
発酵も7時間とまずまず♪
もっちりとしたいい香りのパンになりました。

0329ichigoyama.jpg


このいちご酵母と入れ替わるように 
レモン酵母からりんご酵母へとずっと種を継いできた酵母が
セメダインのような臭いになってきたので
それでも捨てずに使ってあげるのだ!と(^^;
今日はピザ生地ににしてすべて使って成仏させてあげました(笑)
朝捏ねたんですが 発酵はどうかな?
夕食に間に合うといいのですが。。。(笑)

季節の変り目は酵母の変わり目でもあります(^-^)

posted by chi-ko at 13:56| 広島 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 酵母のこと☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

お久しぶりです〜(^^)/

長〜い間 更新できませんでしたが(^^;
皆さんお元気ですか? 酵母たちもお元気ですか?

お休みしている間にもメールやご質問やコメントをくださって
ありがとうございましたm(__)m
お返事が出来ないままになってしまっていましてごめんなさい。
遅くなってしまいましたが ぼちぼちお返事させていただきますので
もう少しお待ちくださいね..
まずは取り急ぎ ひさびさの更新をしてみますね(^-^)




久しぶりの更新は「さぞかし素敵なパンかしら♪」と
期待していただいていたら すみません。。。(^^;

私らしい失敗パンから皆さんのご機嫌を伺います(笑)
上の写真は いつも楕円のシンベル型で焼くカンパーニュです(^^;
が。。。。。見事な!?「へたれパン」です
ちょっと前に流行った「たれパンダ」を思い出してしまいました。
名付けて「へたれパンダ」ばんざ〜いヽ(^o^)丿(笑)

なんでこんなパンになってしまったかというと。。
最近 水分を増やしてパンを捏ねているのですが
(このパンは水分量72%)
成型もぎりぎり。。って感じで扱いにくく
ダレ気味ですがなんとかうまいこといったんです。
が。。。(笑)型に粉をふったんですが その量が少なかったようで。。
かごでの発酵後 型にくっついてしまって
叩いてもど〜しても型からはずれません。
思い切って引き剥がしたら(笑)プシュ〜〜〜っとヘタってしまいました。
手前に剥がれたパンのクズもくっつけて焼いちゃいました(><)
ちょっと細工パンみたいになってますか?(笑)なってませんよね。。

スライスしてみるとこんな感じでした。
0310kan2.jpg

高さがいつもの半分くらいです(^^; 気泡はなんとかできて軽い焼き上がりには
なったんですけどね。美味しかったけど(負け惜しみ)
やっぱりパンも見た目が良くなくては。。

ちょっとだけ名誉回復のために。。
以前焼けた マシなパン(^-^)を載せちゃいます。

0129kan1.jpg

    断面はこんな感じ。。高さの違いは歴然です。。(^^;

    0129kan2.jpg

私のパンは手捏ねなので 捏ねる時にあまり手につかなくて
楽な水分量が 「粉の分量の62%の水」だったんです。
でも水分量を多くすることによって 
気泡がある軽いパンが焼き上がる!と教えていただいたので
少しづつ水分量を増やして 
手をべたべたにしながらも楽しく捏ねています。さながら粘土遊びです♪(笑)
その違いを少しづつ写真に撮ったりしてご紹介していこうかと思っています。
また凝りもせず 同じようなパンが続きますがご了承ください(笑)

皆さんはカンパーニュを焼く時 どれくらいの水分量にされていますか?
また上手く焼ける方法などもご伝授くださいね。
やっぱりいつも食べるのはシンプルなパンがいいですね。
でもシンプルなパンほど奥が深い〜。
だから楽しい(^-^)

posted by chi-ko at 17:01| 広島 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | 失敗です(^^; | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

クリスマスに向けて

もうすぐクリスマスですね♪
皆さんは どのように過ごされますか?
クリスマスのごちそうの中に 
自分で焼いたパンが脇役だったらちょっとうれしいですよね(^-^)
どのようなパンを焼かれますか?
クリスマスをわくわく迎えるまでの楽しい期間
シュトーレンを少しづつスライスして食べながら
気分を盛り上げていらっしゃる方も多いのでは?(^-^)

私は今年もシュトレンをameens'ovenで注文しました。
美味しいんですよね〜(^-^)
毎年そうなので 今年も無いと寂しいので(笑)
いつか自分で焼きたいと思ってるんですけどね。。
(去年もそう書いたかも。。(^^;)

1213ameenshu1.jpg 

     1213ameenshu2.jpg
ゆっくりと時間をかけて起こした酵母で焼かれたシュトレンは
日毎に熟成し味わいが変わってきます。中身もリッチ♪


1211ameens.jpg

そして今年は パンを注文したついでに
『スペルト小麦』を買ってみました。
ameens'ovenのパンでも この小麦を使ったパンがあるのですが
とっても香ばしくて ナッツの香りがするのです♪
私にも焼けるかなあ。。と買ってみました。
注文する時に 扱い方のコツをお聞きしたところ
「国産小麦粉より 水分を多めにして捏ねてください」と
いうアドバイスをいただきました。
シンプルなフォカッチャや チャパティ ピッザとかにもよく合うそうです♪
楽しみ〜。これに合うシチューや チキンの料理を作って
今年のクリスマスにしようかと思っています(*^^*)


最近は 引き続き レモン酵母と ラフランス酵母が元気一杯です。
こまめにガス抜きをすること
3日以上パンを焼かない時は少しでもかけ継ぎをしてあげることで
元気さを保っています。
人も酵母も適度にかまってあげなきゃね(笑)

友達からいただいたりんごを美味しく食べたあとの皮でも
元気な酵母エキスが出来上がりました。
冷蔵庫で出番待ち状態が続いています。。(笑)


1125yama1.jpg
レモンとラフランスの酵母で焼いた食パンは窯伸びもグングンしています♪
オーブンの中を覗いてる時間が楽しい(笑)


パンは相変わらずのものばかり焼いてるんですけどね。。。
いつも焼く コルプ型のカンパーニュは
クープを変えてみました。
クープを変えるだけで パンがぷっくり嵩が高くなったので
しばらくそれが続いています。
クルミやレーズンや はっさくピールや 木の実ミックスなどをいれて
ずっしり重い〜パンを焼いています。
副材料をなんとかうまく均一に混ぜられるように。。という練習も兼ねて(笑)
(mikkoさん 私もなんとか頑張っています(^^;)

1128kan1.jpg
クープはあまり開いてないんですけどね(^^;

     1118kan3.jpg
     ひさびさに「朝陽を浴びるパン」朝の光のパワーをもらいます(笑)

1118kan4.jpg
そしてこの子は 朝早く「お嫁入り」(笑)

     1130kan1.jpg
     また似たのを何回も焼く。それが私のくせなのさ〜♪(笑)


1130kan3.jpg
でも前回よりクルミやレーズンをたっぷり入れて限界に挑戦(笑)

     1130kan5.jpg
     なかなかうまく均一に混ぜられないんですけどね。。。(^^;
     パン全体が重いわりには パン生地はさっくり軽くなりました♪

1206kan1.jpg
これは イオ○で買ったトップバ○ューの「木の実と種のミックス」と
はっさくのピールを入れてみました。
アーモンド ひまわりの種 クコの実 松の実 かぼちゃの種 黒大豆
そして小魚が入っているミックスです。
小魚が意外といい味だしてるんですよね〜。
ちょっとヒットでした。 クコの実の赤い色もきれいだし(^-^)



1210bagel1.jpg
前回の記事のコメント欄に peroriさんがベーグルのことを質問してくださいました。
私のレシピで モチモチのベーグルが焼けたと喜んでいただけて
ホッとしてうれしかったです(*^^*)
それで食べたくなって(^^;久しぶりにベーグルを焼いてみました。
生地に十三穀米を混ぜました。プチプチした食感が美味しかったです。
モチモチには焼けて満足なんですけどね、。。
焼き色がムラに。。。。。(^^;
トホホ。。美味しそうに見えませんよね。。(笑)
パンのお尻のほうははまあまあな感じなんですけど(左端のパンをひっくりかえしてみました(笑))
いつも色が薄いか ムラになってしまうんですよね。。。
きれいな焼き色がつくようにするにはどうしたらいいのでしょうか。。
カンパーニュや食パンなどはしっかり焼き色がつくのですが
ベーグルだけはど〜しても焼き色が薄い、、、(^^;
。。ということは オンボロオーブンのせいにはできない(笑)
いい焼き色に焼き上げる方法を教えてくださる方がいらっしゃるとうれしいです。
よろしくお願いしますm(__)m
ぜひ教えてくださいね。
posted by chi-ko at 23:41| 広島 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | お気に入りのパン! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

レモンの酵母

更新しよう!という気持ちはあるのですが。。(^^;
あんまり変わり映えのしないパンだしなあ。。
なんだかいつもこんなパンばっかりだしなあ。。。
酵母もこれといって変わったことはないしなあ。。とか
ついついいつもの日常に慣れてしまって 更新もせず 
ひっそりパンを焼いていました(笑)
まあでも。。更新するとまた皆さんのパンの様子とか
耳より情報とかをいただけるかも♪と勇気を出して更新してみました(笑)

1月にレモンで酵母を起こしてから今年は二度目のレモン酵母です。
緑のレモンをいただくと反射的に水につけてしまう習性があります(笑)




     1019lemonkoubo1.jpg
アカシアの蜂蜜を大さじ一杯ほど入れました。

レモンで酵母を起こす時ってあんまり気負わないんですよね。
季節がそうさせるのかもしれないけど
何気なく それでいて発酵力の強いレモンは自家製酵母パンへの強い味方です。
温度だけ気をつけてあげればなんとかなるぞ。。って気楽な気持ちで始めました(^-^)

1019lemonkoubo2.jpg
洋服を着せてあげて(笑)お湯のポットのそばが25度くらいあります。

一日一回はよく振ってガスを抜いて その他は特に何もせず放置。。
前回同様 やっぱり白いカビのようなものが浮かんできますが
そっと取りのぞいて 匂いを確かめて臭くないのでオッケーとしました。

1027lemonkoubo.jpg
水に浸けてから8日目です。

1106lemonkoubo.jpg
少し忙しい日が続いて パンを焼けそうになかったので
培養はじっくり冷蔵庫の中でしていました。
それでもしっかり発酵しています。
レモンの香りがさわやかなパン種の出来上がりです。

焼き上がったパンはこんな感じ(^-^)

1106yama1.jpg

    1106yama3.jpg

1109yama3.jpg

ほらねっ。どれも同じみたいなパンでしょ?(笑)
でも出来たてのパン種で焼いたパンはもっちりふっくらで美味しいなあと
いつもこの山型パンにしてしまいます。
今日もそうでした。。。(^^; 飽きないんですよね。いつ食べても。
今回のレモン酵母で焼いたパンは レモンの香りがして
あ〜レモン酵母のパンだ!ってことがよくわかります(^-^)


そして 少しづつ種継ぎをしているパン種はあいかわらず
とどまるところを知らないほどムクムクしてくれています(笑)

朝起きた時 午後外出から帰った時 寝る前 と一日三回
かならずガス抜きをしていますがこんな状態になってびっくりです。。
嬉しい悲鳴です。。いつもこの容器で充分なのですが、、
このままだともっと大きいものに変えないといけないかもしれません。

1111lemonkoubo1.jpg

    1112lemonkoubo3.jpg

こんな時こそ頻繁に元気なパンを焼いていかなきゃって思うんですが
我が家は消費量が減ってしまったので なかなかそうもいかず。。(笑)
おまけに いつもあると思っている 強力粉が底をついてしまっていて
急いでネットで注文したんですが。。
今品薄なんですね(><) 一週間以上も待たなければいけません。。
しょうがないのでそれまでの繋ぎに一キロだけスーパーで買ったのですが
棚の前のほうにあるのと奥のほうにあるのでは 賞味期限が3ヶ月も違っていました!
だから一番奥のを買いました(笑)トーゼンですわよねっ。奥さまっ!
(笑)
皆さんはどんなところでパンの粉を買っていらっしゃいますか?
いつのまにか切らしちゃって困ることもありますよね(^^;

粉もたくさん来るので 酵母にもまた本腰を入れようと(ホンマかいなっ!)
ラフランスの酵母も起こし 順調だったので今日 元種が出来あがったところです(^-^)

1112lafrance.jpg
優しい甘い香りのする酵母になりました♪
ラフランスの酵母からもいい香りのパンが焼けるかな?(^-^)

posted by chi-ko at 22:52| 広島 ☁| Comment(22) | TrackBack(0) | 酵母のこと☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

いちじく酵母 失敗。。

あんなに臭くても(^^;すいか酵母を成功に導いたのに(笑)
ひさびさに 失敗酵母のお話です。

いちじく酵母は この季節に毎年起こしています。
去年はなんとか上手くいっていくつか美味しいパンが焼けました。
今年も尾道に行ったときに果物やさんの店先で美味しそうないちじくを見つけたので
酵母用に!?買いました(^-^) いえ、、半分は食べました(笑)

0917ichijiku.jpg
甘い甘いおいしいいちじくでした。これならいい酵母になるかも♪と期待大。


0920ichijikukoubo.jpg
一日経つとどろどろで上にまとまって浮いてきました。
ここんとこ温度が高いから一気に。。って感じです。

0921ichijikukokubo.jpg
でも2日目になると うっすらカビが表面に出てきました。
そ〜っとすくって 気を取り直してもうちょっと様子をみることに。。
でも3日目にも同じようにかびが 一気に。。。(^^;
いつもはここであきらめはしない私なんですが。。
なんだか前途多難のような感じがして 今回はボツにしました。
あ〜〜〜全部美味しく食べればよかった〜(笑)

一つの原因は 予想外に気温が高かったことと 
雨の日が多く湿度も高かったから一気に雑菌が繁殖してしまったのかと思います。
それは 冷蔵庫の中の酵母エキスと元種にも影響があって
今まで元気だった 桃酵母のエキスにもうっすらカビのような白い膜。
はっさくの酵母にも白い膜。。。 それで幕引きとなりました。。(笑)
酵母元種は 毎日一度はチェックをしてガス抜きをしているのですが
すいか酵母が 少しツーーンとセメダインのようなニオイがしてきたので使い切りました。

koubopizzza1.jpg

          0813pizza2.jpg

   koubopliz.jpg
ピザとプリッツになりました。 使い切れてひと安心(^-^)

酵母も一度 一掃して新しいのを起こすのも
パンを焼く動機づけになっていいですよね!
そして今は これも毎年起こす果物 梨の酵母を起こしています。

0925nasikoubo.jpg

2日目 いい感じで泡立ってきています(^-^)
今度はもう少し涼しい場所を見つけて管理しています。
まだまだ昼間は暑いですからね(9月末とは思えないね(^^;)

4日目の今日エキスが出来上がった感じだったので粉を混ぜてみました(^-^)

0928nasikoubo.jpg
泡はおさまっていますが 混ぜるとシュワシュワっとしていい感じ。
こんどこそは!って感じです。



ここで恒例の 失敗パンのお披露目!!待ってました?(笑)

0911kan.jpg
なんだか間が抜けた感じでしょ?

    0911kan2.jpg

いつも焼くカンパーニュなんですけどね。。。
発酵カゴ(シンベル型)に粉を振るのを忘れて発酵させてしまうという初歩的ミスさ。。。(^^;
粉があるとないとではこんなに違うのですね。。(^^;
味はいつもと同じです。。パンも「見た目が9割」かも。。。(笑)

0913kan.jpg
こちらは チョリソ〜とプロセスチーズを混ぜて焼いたカンパーニュ
粉を振るのを忘れなくてセーフ(笑)

これからもこんな感じのマヌケな失敗 笑いをとるためならまたやってみせますとも!!(笑)
posted by chi-ko at 09:47| 広島 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 失敗です(^^; | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

すいか酵母のその後

前回 怪しげな匂い 怪しげに浮かぶすいかの姿までお伝えしていましたが(笑)

今日はその続きを。

すいかを水につけてから5日目

0819suikakoubo.jpg
見た目はさらにすいかがどろどろの状態に。
泡立ちはほとんどありません。種にも変化なし(笑)
でも一日で さらに匂いは 「臭い」に!(笑)
その臭いはただクサイのではなく確実にゴホッと咳き込む程度の
アルコール臭いです。←ココ ポイントです(^^;


エキス150g 強力粉180gくらいで混ぜてみました。
夏はちょっと硬めにします。
だめかな〜と思っていたけれど なんのトラブルもなく(笑)
10時間くらいで 気泡が出来て2倍になっていました。
ほんのりピンク色です。 粉を混ぜるとあの臭いも気になりません。

0820suikamototane1.jpg 0820suikamototane2.jpg

いつもの通り 3回粉を混ぜるのを繰り返していくうちに
短い時間で倍になってくれました。順調(^-^)
だから今回のすいかは ずっと使っている桃やよもぎの種の力を借りなくても
単独でしっかり元種になりました。 意外といいかも(*^^*)


初めて焼いたのがいつもの通り 山型食パン。

0822suikayama2.jpg
一次発酵時間は6時間くらい。焼き上がりはふっくら。 
ちゃんと「山」が出来てくれました。
そして特徴的なのが 焼き色。 
いつもの私のパンより焼き色が濃いと思いませんか?
もちろんいつもの配合でいつものオンボロオーブンで焼いたんですけどね(笑)
焼き色がうまくついた分 香ばしくて粉の甘味も深いように思います(^-^)
すいかが甘かったので それだけ甘い酵母が出来上がって
焼き色がうまくついたんでしょうかね。

次は 久しぶりにフランスパンに挑戦してみました。


クッペとバゲットです。やっぱり焼き色が濃いですよね(^-^)

0830france2s.jpg


0830france5.jpg
でもやっぱり気泡はショボイです。。。(><)
クラストは薄くパリッとしていて美味しかったです。

0904kan1.jpg
こちらは ハーブソルトとプロセスチーズ入りのカンパーニュ(^-^)
こんがり焼けてチーズの風味が美味しかったです。


発酵時間も焼き色も順調なので 味を占めて(笑)
パン焼きがまた日常の時間の流れに入ってきました。
今年の夏は暑かったですからね〜。。。ついついサボってたけど(><)

でも 先日 夕方から型に入れて二次発酵させていたのを
二時間以上放置してしまってました。
もう寝ようと思ってたのに。。見つけてしまいました(笑)

こんなダラリ〜〜〜〜ン(^^;

0831yama1.jpg


こんなのでもやっぱり焼かないとね。。。

0831yama2.jpg
焼き上がりは予想通り?(笑)
ぜんぜん伸びずダラ〜〜ンとしたまま色づいただけ(笑)
でもやっぱりいつもより焼き色はいい(^^;

なんだか まる子ちゃんに出てくるキャラの前髪みたいなパンです。。(笑)
翌日から旅行だったので冷蔵庫に入れて行ったのですが
まだ食べてません。。(爆) あれから何日?(笑)


すいか酵母は 途中の臭いが我慢できれば(笑)
そのあとは 結構起こしやすい酵母でした。
甘いすいかで起こしてみるのがコツかも(^-^)
あなたも こんな変なスイカを買ってしまった時は
ぜひチャレンジしてみてくださいね(笑)


posted by chi-ko at 11:37| 広島 ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | 酵母のこと☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

すいかの酵母

残暑お見舞い申し上げます(^^;
またまたご無沙汰してしまいましたm(__)m。

この暑さの中でパンを焼くということ自体『拷問』ですよね(笑)
でも酵母が元気なうちにと思ってせっせと焼いていますが
皆さんの酵母もお元気ですか?

我が家の酵母たちは冷蔵庫の一番いい場所を陣取っています(笑)

0826kouboall.jpg 
        0826taneall.jpg

7月最初に起こした桃の酵母が今我が家のリーダーです(^-^)
その桃の酵母のお話もしようと思いながら 
さぼってさぼって今日になり公開の機会を失ってしまいました(笑)

それで今日はすいかの酵母のお話。
お盆前に冷蔵庫を掃除したら すっきり〜しました。
変な物体は今回はあまり出てきませんでした(笑)(ちょっとはあったってこと(笑))
それで 冷蔵庫にスペースが出来たので すいかを丸ごと買ってきました。
よ〜〜く吟味して美味しそうなのを選んで エイコラと帰ってきて
切ってみると。。。。。

0813suika2.jpg

真ん中のほうが変な感じ。。ゼリー状になっている。。。(><)
食べてみると確かに甘いんですが。。こんなのすいかじゃねえ〜〜!!
あ〜あ大きいのひと玉買ったのに〜(><)

こういう時はやっぱし 「まてよ!これで酵母が起こせるかも(^-^)」への
展開ですよね(笑)(無理矢理話しを展開させる)
そこで 初めてのスイカ酵母にチャレンジです!

0814suikakoubo.jpg


要領はいつもと同じ。すいかを一口大に切って
熱湯消毒した密閉ビンに入れます。
この時 たくさんある種はどうしようか。。と迷いましたが
またその種のおかげで何かおもしろいネタが出来るかもしれない。。
(前例があるので(笑)詳しくはこちら
そこで浮いてしまった種だけを取り除いて
種も一緒に入れました。そしていつものようにはちみつを少し。

この時期我が家の室温の平均は30度(笑)
まあこれでいっときましょ。


一日経つとこんな感じ。

0815suikakoubo2.jpg
小さい泡がたってきています。まだ全体に浮き上がってはいません。
匂いはね。。。夏のゴミ集積場の匂い(爆)

二日経つとこんな感じ。

0816suikakoubo.jpg
実がふにゃふにゃになってきました。
匂いは 集積場に2日間放置されたゴミの匂い。(笑)

4日経過。

0818suikakoubo1.jpg
全体に浮き上がって 海にうかぶスイカのゴミみたい(笑)
       0818suikakoubo2.jpg
さらにふにゃんふにゃん。 アルコール臭も少ししてきました。
失敗では無い様子。。こんな臭いでも。。(笑)

さて こんなすいか酵母でパンは焼けたでしょうか。。
次回へ続く。 たぶん近いうちに。。。(笑)
posted by chi-ko at 20:56| 広島 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 酵母のこと☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。